診療案内 -小児歯科-

小児歯科って?

歯が生えはじめてから永久歯に生え変わるまで、お子さまのむし歯の予防や治療を行ないます。子どものむし歯は噛み合わせを悪くし、あごの発育不全やさまざまな健康上の障害をもたらします。

また、むしば歯をそのままにしておくと永久歯が所定の場所に生えず、歯ならびが悪くなったりする恐れがあります。これらの影響を未然に防ぐために、保護者の方と力を合せながらお子さまの歯の健康管理をするのが小児歯科の役割です。


むし歯予防の種類

■ シーラント
奥歯の噛み合わせの表面には複雑な溝がたくさんあります。この溝は食べ物を噛みつぶすのに効果的なのですが、プラーク(歯垢)が溜まりやすく、むし歯にもなりやすいのです。この溝を小窩裂渦といい、むし歯予防のために小窩裂渦を埋めて平らにする施術をシーラントといいます。
■ フッ素塗布
フッ素には歯を丈夫にする働きがあり、乳歯や6歳臼歯、または生えたばかりの未完成な永久歯のむし歯予防に効果的です。当院では苦痛のない簡単な方法で、フッ素塗布を行なっています。

子どものハミガキについて

むし歯を予防するために、小さなうちからプラークコントロールをはじめてください。お子さまが自分でハミガキできるようになるまでは、保護者の方が手伝ってあげてください。

ひざの上に頭をのせて寝かせます。

子どものハミガキについて

ペンを持つように歯ブラシを持ち、片方の指で子どものくちびるを軽く押さえます。

歯周病の治療

歯ブラシは前後に、あるいは横に動かします。

歯周病の治療

上の前歯の歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目が虫歯になりやすいので、とくに注意。

子どものハミガキについて

歯科衛生士が丁寧に指導いたします

小児歯科って?